仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼 ディレクターズ・カット版

約1年前、友人に誘われ仮面ライダー響鬼の映画を見に行きました。なんだか唐突に鬼が集まり、いきなり歌舞鬼が悪者になってたりと押し込めた感がありありだったのを覚えています。

それが1月にDVDになると聞き、買おうかと思ったんですが、なにやら後から別バージョンが出るとか聞いて止めたんですよね。で、さらに延期だなんだとゴタゴタしていて忘れていたんですが、仮面ライダーカブトの映画CMを見て久しぶりに思い出し買って見ました。

劇場版 仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼 ディレクターズ・カット版(初回限定生産)

とりあえず、ディレクターズカット版で追加された部分ですが、やはりあった方がいいと思います。いろんなシーンが10分ちょっとだけ追加されているだけみたいですが、映画で意味不明だった辺りがちょっとはマシになったような…いや気のせいかもしれませんw

ぶっちゃけますと、同時上映だったマジレンジャーのインパクトが強すぎて響鬼が薄れちゃってるんですよね。あの山崎さんの演技は見ている方が恥ずかしかった(・∀・;)

まあ、思い出す意味も含めて買ってみたということでヨロシク(´_ゝ`) ただ…高すぎるねやっぱり。
劇場版 仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼 ディレクターズ・カット版(初回限定生産) [DVD]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック