カードビルダーの塊

今、ゲーセン行くとやってるゲームはガンダムカードビルダーのみとなっております。だいたい週一行けばいい方のスローペースなんですが既に中佐とかになっちゃってます。なにかと金がかかるのであまり人にはオススメしませんw

このゲームは、カードを集めて戦わせるゲームなんですが、カードが通常ゲームやらないと手に入りませんので地道にプレイするしかないんですが、たまに本におまけでついてくることがあります。まあほとんどのプレイヤーはおまけのカードを目的に買って本は要らないというパターンなわけですが…今回そのパターンの本が発売されました。

ついてくるカードが陸ガン(ジム頭)なので、そんなに欲しいわけではありませんでしたが、まあ本がなくなって手に入らなくなると高騰しそうな予感がしますので1冊だけ購入してみました。

カードビルダーの塊

これを本屋で探すのは骨が折れるのでアマゾンでポチッとやりましたwで、この本の筆者(大石英司)を検索してみると…ウィキペディアの説明が面白い(*'-')でブログの方を見に行くと…たしかにちょっと痛い。なんというか…明らかに本じゃなくてカード目的の人が多いのがよくわかりますね。幸か不幸かついてるのがジム頭で、適性がカレンにしかないので、使うのが1枚で済んだのがよかったですね。これがたくさん使うような機体だと酷いことになったでしょうな。

正直、本の付録とかにつける必要は全くないわけです。つけちゃうと本が捨てられるのは目に見えてるし、その分の資源が無駄になってるのは間違いないんですよ。私は1冊ですが、5冊買う人とか居ても不思議じゃないのがこの世界です。メーカーさんも慎重になってもらいたいところですね。

肝心の本の内容ですが…まあただのプレイ日記です(´з`)y-~

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック