バドガシュタイン2日目

二日目。いきなりタクシー移動です。ていうかスキーアマデって繋がっているのはわずかでほとんどが離れていて移動がタクシーとかバスになっちゃいます。バドガシュタインから40分ほどタクシーに乗り込み
Alpendorfへ到着。

あいにく天気が悪く、ゴンドラが止まってしまったため、リフトで上へ上がっていきます。吹雪いていて視界があまりありません。しばらく滑ると視界もよくなってきたんですが、上に上るとやはりダメ。こんな感じで1日続きました。

AlpendorfからWagrainへ滑り込み、街中を少しバスで移動します。ちなみにリフト券で乗れました。Flachauへ降りるために一本登ったところで11時過ぎてたので昼食となりました。混む前に入らないとね。

画像


今回頼んだのはLeberKase。普通に考えるとレバーとチーズなんですが、こちらではそういう名前のソーセージがあるそうで、それを厚切りして焼いた料理が出てきました。ポテトはお約束ですが、目玉焼きが乗っておりました。なかなか美味しくいただけました。ここのシュニッツェルも美味しかったですよ。食後、いよいよFlachauへと降りて行きます。

画像


Flachauヘルマン・マイヤーの故郷だそうで、下の駐車場に像が立っていました。この像、木彫りなんですよ。てっきりブロンズとかを想像していたんで驚きました。駐車場の片隅にポツンと立ってて意外と目だっていませんでしたよ。このスキー場、看板を見てもらうとわかるのですが、凄い輸送力です。ゴンドラ1機、6人乗りリフト4機、8人乗りリフト1機がFlachau側の斜面にかかっていました。8人乗りリフトは海外でもあまり見ないですね。斜面も広くてよさそうなんですが、天気が悪いし非常に混んでたので、そんなに楽しめなかったように思います。

Flachauの街にタクシーが迎えに来てたんで、そのまま1時間ちょっとかけてバドガシュタインへ帰りました。バドガシュタインに付いてちょっと街を散策。意外と小さな街で、そんなにおみやげ物屋さんとかはありませんでした。

画像


街を流れる滝は意外と大きく立派でしたよ。みんな橋の上から写真撮ってました(*'-')でもこれ…お土産どうしようか困りますね。スポーツ用品もほとんどないですし、スキー場の街という感じではありませんでした。温泉の街なんでしょうか…三日目はシュラドミングへ行く予定です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック