オブリビオン

The Elder ScrollsIV:オブリビオンのPS3版が発売されました。いろいろと話題のゲームですので、早速やってみました…ヤバイです(;゜д゜)

The Elder ScrollsIV:オブリビオン

最初の感想は、「良くも悪くも洋ゲーだなあ」です。キャラクターがバタ臭くて馴染めない人いると思われます。まあ基本的に一人称視点なので、特にこだわる必要もないかなと、さくっとキャラメイクしました。いやー…正直変な男になっちまった(´・ω・`)

種族や職業もよくわかっていなかったので適当です。選んだのはレッドガード。まあ赤が好きだっていうだけです(´∀`)トカゲ顔とか豹顔の種族も作れるようですね。EQ2は豹顔だったので、今回は止めときました。

まず、地下牢から開始なんですが、イキナリ皇帝の逃走ルートになってたらしく、皇帝がやってまいりました。隠し扉を開けっ放しで行っちゃったので、後をつけていきます。成り行きで皇帝様ご一行と行動を共にするわけですが…なんだか星座とか職業を選ぶ必要性が…まあ足が速いというだけの理由で選んだら狩人っぽくなってました(´_ゝ`)

下水道を練り歩く時点で、弓と矢を拾えたので大事に持っていきます。順当に皇帝が殺され、子孫にアミュレットを渡すクエストが発生。暗い地下道から出て広大なシロディールの世界へと足を踏み出しました。

城壁らしきものをぐるーっと回っていたら、馬が見えました。近づくと「乗る」と出てきたので、なんも考えずに乗ったら馬泥棒に!(;゜д゜) いきなり衛兵さんに捕まりましたよ。そのまましたがってもつまらないので抵抗してみることに…長い橋を利用して逃げながら矢をパスパス撃ってたら衛兵さん死んじゃいました(´・ω・`) なんだよえーな。装備を全て剥いで重装備になって橋を渡ったらまた衛兵さんに捕まりました。よえー癖に捕まえるのかとまた同じように倒してあげました(´_ゝ`) さーて酒場で情報でもと思ったら、また衛兵に捕まりました。こりゃ…この先この連続じゃやっていけないなと思い、大人しく服役しましたよ(´_ゝ`) いきなり窃盗と殺人やっちゃったから、暗殺ギルドと盗賊ギルドからお誘いが来ておりました。なんつーゲームだ。

というわけで、洋ゲーテイストバリバリですが、たぶんいろんな楽しみ方ができそうな感じです。現在レベル8になりましたがいろいろなことがありました。詳細は後日(´_ゝ`)
The Elder ScrollsIV:オブリビオン - PS3

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック