Catalyst8.8に戻しました

最近、どうもFF11が不安定でいろいろ調べていたら、Catalyst8.9にするとDirectX8世代が時間が経つと不安定になるみたいな記事を発見したので8.8に戻すことにしました。FF11はもろに該当しそうですし。

一旦、ATI系のソフトウェアを全てアンインストール。こないだ入れたATi Tray Toolも念のためアンインストール。再起動後、Catalyst8.8をインストールします。その後、ATi Tray Toolインストール。

しばらくMHFベンチを回してみます。異方性フィルタリングの設定をいじったせいか若干見え方が変わった気がします。スコアも若干落ちてる印象。しばらくベンチ回してましたが問題なし。

POLを起動し、念のためファイルチェック。FF11のファイルが多くて若干時間がかかりました。結果は問題なし。そのままFF11起動。起動してから気付きましたが、ATi Tray ToolのFPS表示がされたままでした(;゜д゜) 前はちゃんと非表示にしてたの忘れていた。FF11はFPS上限30にしてあるらしく、見てもしょうがないんですよね。白門競売前とかで10fpsしか出てないのを見て呆れるぐらいしか使えないw

せっかくログインしたので、貯まっていたエボニー材でエボニーポール作成。久々に木工スキルが上がって77.1まで上昇。あと6ダースぐらいエボニーポール作れば卒業できるかしら(´д`)遠いな。

ログアウトし、ATi Tray Toolを再設定。ファンコントロールも初期値に戻っていたので再設定しました。いやはや、このファンコントロールは便利だ。夏の熱い時期にできてればよかったのになあw

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック