[バトライン]パイロット考察

今日、第1回公式大会が終わるバトライン。私は途中参戦なので、適当に熟練度を上げるぐらいしかやることありません。そこでちょっとパイロットについて考察してみました。

現在、登録できるパイロットの種類は以下の通り。

ジオン軍
ボーン・アブスト
シャア・アズナブル
デニム
スレンダー
デニム
シャア・アズナブル
ジーン
コズン・グラハム
ランバ・ラル
アコース
デル
トップ
アス

連邦軍
サリー
ロブ
マイク
アムロ・レイ
カイ・シデン
ハヤト・コバヤシ
ハヤト・コバヤシ
アムロ・レイ
カイ・シデン
カレン・ジョシュワ
シロー・アマダ
テリー・サンダースJr.
アニッシュ・ロフマン
ラリー・ラドリー
マット・ヒーリィ

それぞれ、覚醒、命中、回避、反応というパラメータを持っていて、パラメータに見合ったコストが設定されている(はず)。ここで、各パラメータを両軍で比較してみよう、順番は覚醒、命中、回避、反応、コストの順。値は平均値。

ジオン軍 9.692307692 11.46153846 8.846153846 9.846153846 3.692307692
連邦軍  10.66666667 12.26666667 9.133333333 8.266666667 3.666666667

見ていただければわかると思うが連邦軍パイロットの方が軒並み優勢だ。ジオン側が優勢なのは反応のみ。
このパラメータでコスト平均は連邦の方が低いという結果に…これどんだけ連邦有利なのかと…

だいたい平均値にしなくちゃならなかったのはなぜか?連邦の方がパイロットが多いからだ。片方の陣営の方が種類が多いカードゲームって未だかつて見たことがない。ちなみに重複しているパイロットが居るが、これは実際にカードが2種類ある。このゲームは4枚まで同じカードが入れられるが、パイロットの場合、自軍に同じ名前のパイロットが出撃している場合、出撃できなくなる。つまりカイさんは8枚までデッキに入れられるが自軍の場に居られる
のは一人だけということだ。

ここまで、見てきてふと気付いたことがある。最初は開発者連邦好きなのかと思っていたのだが、連邦のパラメータを引っ張ってる「マット・ヒーリィ」がおかしい。シャアなみのパラメータ持ってるし、開発者どんだけマット好きなのかと。てか、なんでライバル的存在のケン・ビーダーシュタットが居ないんだろうか…


今日のメンテで調整されるらしいが…GTOのような調整入るんじゃないかといまから戦々恐々だ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック