PCパワーアップ

最近円高の影響でPCのパーツがだいぶ安くなってきています。いまのPCはビデオカード以外2年前のものなので今の時期に変えておこうと思い、昨日実行しました。

買ってきたのはCore2Quad Q9650 (約31,000円)とメモリ1GB×2(約2,500円)です。とりあえずマザーのBIOSをアップデートしないとダメみたいなのでGIGABYTEのサイトから対応BIOSをダウンロード。私のマザーはGA-P35-DS4のrev.1.0でBIOSアップデートとかしてなかったので4→14cという大幅なアップデートになってしまいましたwBIOSのアップデートにはGIGABYTEの@BIOSを使用。割とさっくりアップデート完了です。

CPUを差し替えますが、ヒートシンクがかなり小さくなってて驚きました。以前の半分ぐらいしか厚さがないし…若干不安になりますが、どうせ定格で使うんでそのまま使うことにします。メモリを増設しようと思ったらスロットの爪がビデオカードに干渉しててできなかったのでビデオカードも外す羽目に(´д`) 2年前は両面で1GBのDDR2-800だったのに今は片面だけなんですね。

以前NAS修理用に買ってきて撃沈したHDDもついでに増設(´∀`) USBポートが最近足りなくなってきてたので、MBからUSBを引き出します。どうやら後一つはUSB増やせそうです。

電源を投入し、BIOSでCPUとメモリが変わったことを確認。一応、メモリテスト(memtest86+)を走らせます。1時間ぐらい放置してテスト結果確認。特にエラーもでていなかったので通常起動し確認してみます。ふむ。3.6GBまで使えるようです。32bitOSですのでこれ以上は増やしても使えないんでメモリは限界まで増設しちゃったということになりますね。64bitOS化の予定はありませんw

いろんなベンチマークを走らせますが、ゲーム系のベンチマークは特に差が出ていませんね。前のCore2Duo E6850はクロック3GHz。Core2Quad Q9650も3GHzですので単純にコアが倍になっただけですし、マルチコアに対応したベンチマークじゃないとスコアは伸びないようです。

今回使った費用は、

CPU:Core2Duo E6850 (約38,500円)   → Core2Quad Q9650 (約31,000円)
MEM:DDR2-800 1GB×2 (約14,000円) → DDR2-800 1GB×2 (約2,500円)


こんな感じです。2年前よりもかなりお安くなっております。特にメモリが('Д')

最後に、HDD500GBをフォーマットします。これもかなーり時間がかかりました。終わったの1時だし(´д`)

FF11も問題なく起動するようです。ただ早くなったかというと…体感できませんw窓モードでCPUの使い方見てみると、シングルコア100%→Core2Duo50%→Core2Quad25%みたいな感じ…マルチスレッドにはなっているようだが、時間の同期や、上限30fps固定仕様等でCPUパワー余りまくりの状況みたいですね。

こんどCore2Quad推奨のGTA4でもやってみるかな。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック